錫杖銀龍

本年一月の〈のりしろ〉公演に続き、晩秋、北方に動きがある。

三月十一日以後に遍在・併存する「複数の時間」の中で、たとえばカトリーヌ・マラブーの言うところの「可塑性」=形を与える能力/形を受け取る能力、或いは解釈や物語化によっては対抗し得ない/治癒し得ない「傷」、或いは「痕跡」といった問題を考える好機になる、かも知れない・・・。


ダンス・バレエ・リセ 豊島舞踊研究所 第55回記念発表会

ギンリョウのたびだち ―豊島和子追悼公演

10月23日(日)
八戸市公会堂大ホール
入場無料
13〜17時頃

そもそも「ギンリョウ」とは如何なる意味を持つものか。

ダンス・バレエ・リセ芸術監督=モレキュラーシアター演出家の豊島重之のもと、モレキュラーシアター大久保一恵田島千征による追悼作品が上演されるほか、及川廣信根本忍橋本晋哉による豊島和子追悼特別公演も予定されている。

とすれば、モレキュラーマニアは10月の八戸行きを計画せざるを得まい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: